ANAを利用して日本から中国へ。就航都市と搭乗記や評判まとめ | Palesトラベル

ANAを利用して日本から中国へ。就航都市と搭乗記や評判まとめ







shanghai ANAは日本から中国各地へネットワークを持っています。今現在、就航している都市や中国便の評判、シート紹介などをまとめました。


航空券&ホテル クーポン情報

サプライスのクーポン

海外航空券のサプライス!割引クーポンを多数ご用意、お得に海外へ旅行しましょう。

【Expediaのクーポン】

海外・国内のホテルはエクスペディア!お得な割引クーポン情報を多数掲載。



ana787
成田: 北京、上海、杭州、広州、大連、瀋陽、青島、深セン、成都、重慶
羽田: 北京、上海(虹橋)
関空: 北京、上海、大連、青島、杭州

多くの都市に就航しているのがわかります。上記はすべてANAの自社運行便です。


評判は?

近距離便なので、あまり評判は気にならないかもしれませんが、一応見てみましょう。
国内線で利用するのと同様に評判は上々です。日系なので言葉の問題もなく安心して乗れます。ただ、機内食がおいしくないと不評です。

参考: 全日空(ANA)の評判・クチコミ


シート紹介

中国とひとくくりに紹介しているため、機材によってシートが違いますが、一通り紹介していきます。


ビジネス

an a1 こちらは787と777-300ERで使われるビジネスクラスです。
普段は長距離路線で使われるため使用されませんが、不定期で入るみたいです。

搭乗記  : 上海浦東-東京成田搭乗記 -空飛ぶ切手屋さんの活動日記-


an a4 787と767-300ERはこちらの新シートです。
かなり造りはシンプルですが、近距離線ならこれで十分でしょう。北京、上海の主要路線に入っています。


ana a2 777-300ER/200ERで使われるビジネスクラスです。
一つ前のシートですが、仕切りがあり、こちらも近距離なら十分だと思います。


an a3 こちらも767-300ERのシートです。
さすがにこちらは型落ちといったところですが、まだまだ採用されている機材も多いです。


エコノミー

an b1 こちらは787、777-300ER、767-300ERで使われる新型シートです。
シートピッチが広がったり、モニターが大きくなるなど、これまでのエコノミーより進化しています。

an b2 こちらは777-300ER、777-200ERで使われる旧シートです。
エコノミーといえども、結構違うので、できることなら新シートがいいですね。

an b3 こちらは767-300ERで使われる旧シートです。
上と同様に見劣りがあり、パーソナルディスプレイが小さいのがわかります。

搭乗記  : 全日空(ANA)・エコノミークラス中国上海便 -旅レポート-


価格は?

ビジネスクラスでも中国なら15万円~であります。もちろん都市や時期により変わるものの、十分手の届く価格に設定されています。北京、上海、大連など各都市への価格は「ビジ割」でご覧ください

詳しくはこちら: ANAビジネスクラス正規割引航空券「ビジ割」


エコノミーなら4万円台からあります。ちょっと中華料理食べてくる!ぐらいのノリで行けちゃいますね。こちらも都市や時期により変わりますので、詳しい価格は「スーパーエコ割」からご覧ください。

詳しくはこちら: ANAエコノミークラス正規割引航空券スーパーエコ割


まとめ

ana air 以上がANAの中国便の評判とシート紹介でした。

使用される機材により、多少の評価は変わってきますが、中国に行く際は中華系の航空会社よりも日系のほうが安心感があるので、利用する方は多いでしょう。ぜひ参考にしてもらえればと思います。
航空券&ホテル クーポン情報

サプライスの割引クーポン

海外航空券のサプライス!割引クーポンを多数ご用意、お得に海外へ旅行しましょう。

【Expediaの割引クーポン】

海外・国内のホテルはエクスペディア!お得な割引クーポン情報を多数掲載。







コメントを残す