成田・関空~バンコクで運航中のタイ国際航空のA380。その評判や魅力をご紹介! | Palesトラベル

成田・関空~バンコクで運航中のタイ国際航空のA380。その評判や魅力をご紹介!







thai a380 現在、タイ国際航空のA380は成田から毎日2便、関空から1便で運航中です。
どうせ乗るならA380という方は多いでしょ。今回はそんなA380の機内設備・評判などを紹介したいと思います。


航空券&ホテル クーポン情報

サプライスのクーポン

海外航空券のサプライス!割引クーポンを多数ご用意、お得に海外へ旅行しましょう。

【Expediaのクーポン】

海外・国内のホテルはエクスペディア!お得な割引クーポン情報を多数掲載。



座席紹介

座席は「ロイヤルファーストクラス」「シルククラス」「エコノミークラス」の3つが設定されています。


ファーストクラス

tair1 こちらが「ロイヤルファーストクラス」です。

シートピッチ208cm×幅69cmのフルフラットシートに、23インチのパーソナルディスプレイを搭載しています。見た目はJALのファーストクラスに似ており、中距離路線でこのような座席が採用されているのはうれしいですね。

搭乗記 : A380のファーストクラス 成田空港 → スワンナプーム -ロケットニュース24-


ビジネスクラス

tair2 こちらが「シルククラス(ビジネスクラス)」です。

スタッガー配列の180°のフルフラットシートを採用、15.4インチのパーソナルディスプレイを搭載しています。足をめいっぱい伸ばせるのが特徴です。

搭乗記 : バンコク→香港 A380ビジネスクラス搭乗記


エコノミー

tair3 こちらは多くの方が利用する「エコノミークラス」です。
エコノミーとしてはかなり大きい10.6インチのパーソナルディスプレイを搭載。

ポイントは大きなディプレイと、A380なので他の機材に比べて騒音が小さいことです。大きい音が苦手という方には、ぜひおすすめです。

搭乗記 : タイ国際航空のエアバスA380 -SKE48とエアバスA380超絶推し男のblog-


評判は?

やはりA380は座席も最新鋭ということで、非常に満足度は高いです。
特にタイへは、日系航空会社が古い機材を使っているため、タイへ行くならタイ国際航空を利用するという人も多いようです。

参考: タイ国際航空の評判・クチコミ


ちょっとタイへ行ってくるε=ε=ε=┌( ・_・)┘

ban thai A380ならタイまでのフライトも快適です!また旅先のバンコクでは王宮や寺院、水上マーケットなどタイの文化を楽しむことが出来ます。アジア屈指のリゾート地「プーケット」でバカンスを過ごすのもいいかもしれません。

タイへは航空券やツアーが格安で発売されています。ツアーでも4万円台で十分楽しむことができるので、よければ下記をご覧ください。

【タイ国際航空の格安航空券ならHIS / JTBで行く、微笑みの国・タイへのツアー】


まとめ

というわけで、いかがだったでしょうかA380。
機内設備も良く、ぜひ利用してみたいという方も多いと思います。

現在、成田から2便、関空から1便が運航されています。ぜひタイへ行かれる際は、最新鋭のA380を使ってみてはいかがでしょうか。
航空券&ホテル クーポン情報

サプライスの割引クーポン

海外航空券のサプライス!割引クーポンを多数ご用意、お得に海外へ旅行しましょう。

【Expediaの割引クーポン】

海外・国内のホテルはエクスペディア!お得な割引クーポン情報を多数掲載。







コメントを残す