ANAが777-9や787-9、A321neoなど70機を発注!機体の詳しい情報を紹介 | Palesトラベル

ANAが777-9や787-9、A321neoなど70機を発注!機体の詳しい情報を紹介







ANAが過去最大の70機の発注を行いました。内訳は777-9Xが20機、777-300ERが6機、787-9が14機、A320neoが7機、A321neoが23機です。

詳しい内容はANAのホームページをご覧ください。

さて今回は、ANAが発注した5種類の機体を紹介したいと思います。777-9XやA320neoは、どういう特徴があるのでしょうか?見て行きましょう。


航空券&ホテル クーポン情報

サプライスのクーポン

海外航空券のサプライス!割引クーポンを多数ご用意、お得に海外へ旅行しましょう。

【Expediaのクーポン】

海外・国内のホテルはエクスペディア!お得な割引クーポン情報を多数掲載。



x13 まずは777-9Xです。
“-200″や”-300″は知っていますが、”-9X”なんて、あまり聞き覚えが無いですよね。

特徴は777シリーズで一番大きいことで、777-300ERと777-9Xの比較では、全長が73.9m/76.48m、幅が64.8m/71.3m、座席数が368/407とすべての面で上回っています。

ちなみにこの機体、2017年製造開始で、2020年に初号機が引渡し予定です。ANAが受け取るのは相当先になるでしょう。


次に777-300ERです。

こちらは現在運航中なので、あまり説明することはないですね。主に欧米などの長距離線に使われます。


こちらは787-9です。
就航以来、故障が相次いでいることで有名ですが、新たに14機を追加発注します。

乗ったことがある人も多いでしょうが、現在運航中のものは”787-8″というもので、今回注文した”787-9″とは機体の長さが違います。787-9の方が長く、座席数も250→290に増えています。


x14 最後に小型機の紹介です。こちらはA320neo

LCCで多く使われているA320の派生型です。現在はまだ運航しておらず、初号機受け渡しが2016年となっています。ANAが受け取るのは相当先になるでしょう。


x15 最後はA321neoです。

A320が大型化されたのがA321であり、その改良版がA321neoです。上のA320neo同様に、新型エンジンが搭載されており、エンジン燃費が15%向上しています。


まとめ

サラッと見てきましたが、大型機、中型機、小型機とバランスよく発注していますね。ただ、このうち777-9X、A320neo、A321neoの3種類が、まだ初号機すら引渡されておらず、私たちが乗るのはかなり先になりそうです。
航空券&ホテル クーポン情報

サプライスの割引クーポン

海外航空券のサプライス!割引クーポンを多数ご用意、お得に海外へ旅行しましょう。

【Expediaの割引クーポン】

海外・国内のホテルはエクスペディア!お得な割引クーポン情報を多数掲載。







コメントを残す