成田・関空~アメリカで運航中のユナイテッド航空の787。評判・搭乗記まとめ | Palesトラベル

成田・関空~アメリカで運航中のユナイテッド航空の787。評判・搭乗記まとめ







ユナイテッド航空が運航する日本~アメリカ本土への一部の便には、最新の787が使われています。今回は実際に乗った人の評判やシートを見て行きたいと思います。






2014年3月現在では、以下の4路線で787が使われています。

成田: デンバー、ロサンゼルス、シアトル
関空: サンフランシスコ

今後も787を使う路線は拡大していく予定なので、ユナイテッド航空のアメリカ本土便を利用する人には、なじみの機体になりそうです。

united h

評判は?

アメリカ系の航空会社、全般に言えることですが評判は悪いです。HISの総合評価では2.7と、かなりの低空飛行で、係員の愛想が悪いや機内食がまずいなどが目立ちます。

ただこの評判には、787以外を利用した人の物も含んでいます。詳しい内容は下の口コミでご覧ください。

参考: ユナイテッド航空(United Airlines)の評判・クチコミ


ビジネスファースト


Stefan Krasowski

787に搭載されている座席で一番上のクラスです。

見ての通り、最近の主流である独立型のシートではないため、1人で利用する場合は隣の人が気になりますね。何か積極的な理由がない限り、ANA「ビジ割」を利用したほうが良さそうです。

搭乗記: UAの787国際線|旅行とカジノとD級グルメ


エコノミープラス

united s5 日本でいう「プレミアム・エコノミー」にあたる座席で、くつろげるほど広くはないけれども、エコノミーよりはゆったりした造りになっています。

配列は2-3-2なので、2人で旅行する場合はプライベートな空間を確保できるのが嬉しいですね。ちょっとした事でも、長距離路線なら大きく違ってきますから。

搭乗記: ユナイテッド航空のエコノミープラスを体験 – 晴耕雨読


エコノミー

united s3 united s4 多くの方が利用する「エコノミークラス」です。

配列は3-3-3で、座席や設備は普通のエコノミーと特に変わりありません。ただ、787ということで窓が従来よりも30%大きくなったことにより、閉塞感が軽減されたり、気圧の変化が少なくなったため、飛行機が苦手な人でも乗りやすくなりました。

搭乗記: Giants of the West:Boeing 787


まとめ

アメリカ国内はもちろん、南米への路線も充実しているので、使う機会は意外に多いでしょう。特に今年はブラジルでワールドカップもありますし。

あまり評判はよくありませんが、どうせアメリカに行くならアメリカ系の航空機で行くのも楽しいかなと個人的には思います。ぜひ参考にしてもらえたらと思います。








コメントを残す