JALの国際線の座席ってこんな感じなんだぁ。北京、ハノイにSKY SUITE 767導入 | Palesトラベル

JALの国際線の座席ってこんな感じなんだぁ。北京、ハノイにSKY SUITE 767導入







(´-ω-`)「こんな感じなんだぁ…なんだぁ…なんだぁ…」

5月4日から羽田~北京、成田~ハノイにJAL SKY SUITE 767が導入されます。これで、より快適に北京、ハノイへ行くことができますね。というわけで、今回はこの新しく導入されるシートを紹介したいと思います。

(゚⊿゚)「ちなみにハノイはベトナムだぞ!」






まずはビジネスクラス

jals1 こちらがJAL SKY SUITE 767のビジネスクラスです。このプラスチック感がすごくある座席は、ANAの色違いかと疑うほど似ていますね。

独立タイプなので横幅は広くないですが、隣の人を気にしなくていいというのが特徴です。個人的にはすごく嬉しいですね。(乗ったことないけど…)

jals2 フルフラットになるので、こんな感じで機内ではゆったりくつろげます。
(゚⊿゚)「この人、めっちゃくつろいでるな!」

jals3 モニターは15.4インチもあるそうです。大きいですねぇ。さて、ここまで長々とビジネスクラスの紹介をしてきましたが、

(゚⊿゚)「お前、ビジネスクラスなんて乗れねーじゃん!」
というわけでエコノミークラスを見て行きましょう。


エコノミーの紹介はちょっとだけ

jals4 座席の間隔は、今までの79cmから86cmに広がり、さらに座席が3cmスリム化されたため、合計で約10cmも広がったそうです。

(゚⊿゚)「これはすごい!」

いや、本当にすごいですね。この広がり方なら、足元もかなり広いだろうし違いもわかると思います。(乗ったことないけど…)


導入路線

今回紹介したJAL SKY SUITE 767ですが、導入路線は意外と多く、6路線あります。

羽田~シンガポール
羽田~バンコク
羽田~ホーチミン
成田~クアラルンプール
成田~シンガポール
成田~大連

主に東南アジアに導入されており、中距離路線もこれならかなり快適でしょう。そして今回紹介した羽田~北京、成田~ハノイが新たに加わります。

(´-ω-`)「関空には一生来なさそうだから乗れないな…」


特に羽田~シンガポールや羽田~北京は使う機会が多いと思いますので、気になる方はチェックしてください。下に今回紹介した新シートのポイントが紹介されています。よければご覧ください。

つ 【Welcome! New Sky】JAL SKY SUITE 新シート15のヒミツ








コメントを残す