コスパの良い台湾旅行!チャイナエアラインの評判や搭乗記のまとめ | Palesトラベル

コスパの良い台湾旅行!チャイナエアラインの評判や搭乗記のまとめ







日本の数多くの空港と台北を結ぶチャイナエアライン!台湾旅好に利用しようと考えている人も多い、この航空会社の評判や搭乗記を紹介したいと思います。






チャイナエアラインといえば、日本では沖縄の火災事故の影響で、あまり良いイメージを持っていない人も多いでしょう。しかし、実際に利用した人の評価は上々で、むしろ台湾へ際はチャイナエアラインを利用するというリピーターも多い航空会社です。


評判は?


HISの総合評価では3.7と、上々の評価を得ています。特別好評化を得ているわけではないですが、サービス、食事ともに問題がないレベルで、それでいて価格が安いのでコストパフォーマンスは良いです。

参考: 【チャイナエアラインの評判・クチコミ】


シート紹介


利用する機材によって多少の変化はありますが、大まかには下記の通りです。ビジネス、エコノミーの2クラス体制が基本となります。

ビジネスクラス

china s1 こちらがチャイナエアラインのビジネスクラスです。見た目からも分かる通り、他社と比べると少し古く劣るところが多いです。シートピッチは132cmと、ビジネスクラスにしては短く、リクライニングも140℃とこちらも中途半端な印象です。

搭乗記: チャイナエアライン・ビジネスクラスの搭乗記(機種はエアバス330)

エコノミークラス

china s2 こちらがエコノミーシートです。最新型のエコノミーのようにシートピッチが広かったり、パーソナルディスプレイが大きいということはないですが、短距離線では一般的なものなので、それほど見劣りすることはないでしょう。

搭乗記: 大空で乾杯! チャイナエアライン B747-400


機内食、機内設備など

機内食に関しては美味しいという評価が多いです。また今年の4月から「台湾料理機内食提供」が開始され、成田・羽田便では~台湾風豚の角煮ご飯、高菜添え~という、こだわりの機内食が提供されます。

機内エンターテイメントでは日本語対応の映画が数多くあるので問題ないでしょう。ただ、一部の機材(主に小型機)にはパーソナルディスプレイが搭載されていないものもあるので注意が必要です。


価格は?


それほど安いということはなく、1ヶ月前の予約で40,000円~47,000円といったところです。出発する空港により価格に変化があり、台湾の大手航空会社が3社就航している成田では2番目に安く、関空では1番高い価格で売られています。ただ時期にもよるので一概には言えません。

よければご覧ください⇒チャイナエアラインの航空券


まとめ

自分で取る航空券以外にもツアーでチャイナエアラインを利用することになる方も多いでしょうが、全く問題のない航空会社なので安心して大丈夫です。

特別サービスが良いということはありませんが、不満もなく楽しい台湾旅行ができるチャイナエアラインを利用してみてはいかがでしょうか。








コメントを残す