成田~関空はどっちを使うべき?ジェットスターとピーチの価格とダイヤ比較 | Palesトラベル

成田~関空はどっちを使うべき?ジェットスターとピーチの価格とダイヤ比較







a50 ピーチが10月27日より成田線の運行を開始します。成田~関空はすでにジェットスターが運行しており、ピーチの運行開始により国内LCCでは2社目になります。






ではどちらの方がお得なのか?気になる料金とダイヤを比較してみました。

ただ航空券の価格は変動性なので、一概には比べられません。
そこで一番安いとされている水曜日と、利用者の多い土曜日を調べました。調査日は10月なので、ダイヤの変動がある場合があります。ご了承ください。


成田から関空の場合
n12
ピーチ      9:05、20:55
ジェットスター  7:45、9:00、11:40、16:55


本数ではジェットスターが有利です。ただ使いやすさではピーチではないでしょうか。
ピーチは朝と夜に1便ずつでバランスがよく、朝から乗る以外にも、会社終わりに乗ることも可能です。

対して、ジェットスターは朝は2便あるものの、昼・夕と中途半端な時間に設定されており、使えるのは実質朝のみでしょう。

次に価格です。


【水曜日】

ピーチ
 09:05  3,790円
 20:55  5,790円

ジェットスター
 07:45  4,090円
 09:00  4,090円
 11:40  4,090円
 16:55  4,090円
【土曜日】

ピーチ
 09:05  10,190円
 20:55  7,390円

ジェットスター
 07:45  9,790円
 09:00  8,490円
 11:40  7,690円
 16:55  5,290円


水曜日はピーチが3,790円、ジェットスターが4,090円なのでピーチの方が安く見えますが、実際は高いです。理由は後述の【どちらの方が安い?】で詳しく書きます。

土曜日では本数の多いジェットスターの方が分散されるため有利です。
16時の便が突出して安いですね。9時台でもジェットスターの方が2,000円安いです。


・関連記事
成田空港発の早朝のLCCに使えるホテルまとめ。格安プランとシャトルバスの時刻表を比較


関空から成田の場合
DSC00118
ピーチ      7:10、19:00
ジェットスター  11:00、14:35、19:00、20:20

こちらも同様にピーチ2本、ジェットスター4本です。

関空からは朝の便が弱く、ピーチの7時台を使うしかありません。夜の便ではジェットスターが一歩リードでしょうか。


【水曜日】

ピーチ
 07:10 6,590円
 19:00 4,390円

ジェットスター
 11:00 4,090円
 14:35 4,090円
 19:00 4,090円
 20:20 4,090円
【土曜日】

ピーチ
 07:10  8,190円
 19:00  4,990円

ジェットスター
 11:00  8,490円
 14:35  4,690円
 19:00  4,090円
 20:20  4,690円
料金では、ジェットスターのほぼ完勝です。


・関連記事
早朝のLCC利用などでする空港泊ってどうなの?関空で一泊してみた


どちらの方が使いやすい?

これは成田から乗る人、関空から乗る人で立場が分かれます。

成田からの場合は、全体的にジェットスターが有利です。
ただ、ピーチも引けをとらず十分使えます。特に前日入りしたい場合はピーチの20時台が使いやすいですね。

一方、関空から利用する人は、ピーチが有利です。
行きは7時台のピーチか11時のジェットスターの2択ですが、帰りは20時台のピーチ一択でしょう。


どちらの方が安い?

これはジェットスターです。

ここまでの運賃比較を見てきても、ジェットスターの方が全体的に安かったのはおわかりだと思います。
それに加えて、ピーチの場合は上記の運賃にプラスで空港使用料が400円前後かかるため、ピーチの方が安い日がありましたが、実は高くなります。

さらに、ジェットスターは最低価格保証があるので、万が一ピーチの方が安くても、このサービスを使えばジェットスターの方が安くなります。


関連記事: ピーチ、ジェットスター、バニラエアのLCC3社に乗ってみた感想と比較


まとめ

この2社は本拠地が違い、ピーチが関空、ジェットスターが成田です。
そのため時刻表を見ても、素直に関空からの人はピーチ、成田からの人はジェットスターでいいと思います。

値段的にはジェットスターが有利ですが、自分に合う時間に飛んでないと意味がありません。 地元の人に使いやすいようにダイヤを組んでいるため、それぞれの航空会社を使うのが良いのではないでしょうか。








コメントを残す