ブラジルワールドカップを現地で観戦するための費用は!?レシフェまでの往復航空券を調べてみた | Palesトラベル

ブラジルワールドカップを現地で観戦するための費用は!?レシフェまでの往復航空券を調べてみた







brazil w ブラジルで開催されるワールドカップ。地球の裏側といえども、ぜひ生で観戦したいですよね!今回は現地で観戦するにはいくらかかるのか調べてみたので、ぜひご覧ください。






前回の記事で紹介したとおり、ブラジルワールドカップの抽選が終わり試合の日程、開催場所が決まったため、航空券の予約が可能になりました。HISでは特集ページも組まれています。

his3 2014年 いざ、ブラジルへ!ワールドカップ特集ページ - H.I.S.

上記のページでは、初戦が行われるレシフェまで往復で13万円~となっています。ただ、燃油サーチャージが含まれていないため支払い価格が不明です。というわけで、実際に調べてみました。


いくらするのか?

日本の初戦は6月14日。そのため前日の13日に到着、試合の次の日に帰国という強行スケジュールで検索してみます。

b2 結果はこちら。価格は25万円で、やっぱり高いな…という感じ。

あまり海外旅行しない人には「じゃあ、さっきの13万円ってなんなの(怒)」という声が聞こえてきそうですが、燃油サーチャージってほんと高いんですよね。

出発は試合2日前の12日。現地には試合前日の13日の朝に着くため、1日半ほどゆっくりできます。時間の無い人は試合当日の朝に到着の便でもいいかもしれません。

暇な人はこちらで好きな日時で検索してみてください。


この便の詳細

american 利用するのはアメリカン航空です。まず成田からダラスに飛びます(11時間40分)。次いでダラスからナッシュビルという、聞いたことのない都市へ行きます(1時間45分)。そこからマイアミへ(2時間15分)。そしてレシフェに到着です(8時間20分)。

 ■ 成田→ダラス→ナッシュビル→マイアミ→レシフェ


気になる所要時間は33時間15分という、とんでもない時間になりました。おそらくエコノミーの利用はほぼ不可能でしょう。

そして帰りも33時間乗ることを考えると恐怖すら覚えますが…ただ、日本代表を応援する!という熱い気持ちをお持ちの方は大丈夫なはず…かも。


まとめ

というわけで航空券が25万円、それにホテルが2泊分必要ですので2万円、 これに飲食代やお土産などを買ったら30万円は必要かなという感じです。

正直一般人には、なかなか出せる額じゃないですね。しかもずっとエコノミー利用での計算なので、実際に行くとなる、ビジネスクラスも使うだろうし、こんな額ではおさまらないはず。おおよその目安として参考にして貰えれば幸いです。








コメントを残す