ニュージーランド航空のエコノミーの評判は?フラットになる「スカイカウチ」も紹介 | Palesトラベル

ニュージーランド航空のエコノミーの評判は?フラットになる「スカイカウチ」も紹介







newzealand ニュージーランドに行く際は、多くの人が利用するニュージーランド航空。今回はそのエコノミーシートを紹介したいと思います。






日本からニュージーランドへは現在、成田から直行便が運行しています。使用機材は777-200もしくは767-300が使われており、残念ながら最新鋭の777-300ではありませんが、それでもニュージーランド航空の日本線の評価は高いです。


エコノミーシート

nz a1 こちらが日本から乗る際に座るエコノミーシートです。シート配列は777が3-3-3、767が2-3-2となっています。

約79~84cmと広めのシートピッチと、調節可能なウィング式のヘッドレストで、リーズナブルながらも快適な空の旅を提供しています。

nz a5 個人用モニターでは映画や音楽、ゲームが楽しめるので、長時間のフライトも退屈せずに過ごすことができます。

ーニュージーランド航空のエコノミークラスの詳細ー


機内食

行きは夜と朝、帰りは昼と夕のそれぞれ2食が出されます。

フレッシュフルーツやビーフ、ニュージーランドらしいキウィフルーツを素材にしたメニュー(季節により内容は異なる)などが出さます。また日本線には和食も提供されているため、日本食が好きな方にも安心です。

参考: 機内食 ニュージーランド航空 -★やまかづの気ままにマンゴー★-


フラットになる「スカイカウチ」

nz a3 こちらが「スカイカウチ」というシートです。足元部分が持ち上がりフラットにすることで、イスではなく一枚の板のような感覚で使用することができます。

nz a4 使用している写真がこちら。横向きになって足を伸ばすことができ、睡眠時などは非常に快適になります。

ただ導入されている777-300ERは、日本線では使用されていません。今後導入予定の787まで待つ必要がありますが、比較的早い段階で日本線への投入をアナウンスされているので、期待して待ちましょう。








コメントを残す