国の勢いもわかる!「世界の超高層ビル」TOP10はこんな結果に! | Palesトラベル

国の勢いもわかる!「世界の超高層ビル」TOP10はこんな結果に!







etihad 今、世界ではたくさんの超高層ビルが建設中です。中国では「上海中心」が、アメリカでは「1 ワールドトレードセンター」が今年完成予定です。

残念ながら日本では、地震の影響で高いビルを建てるのは難しいですが、海外旅行に行った際はぜひ登りたいビルをまとめました。






1位 ブルジュ・ハリファ

burj ドバイにある、高さ828mの世界一高い高層ビルです。
2位のビルとは200mの差があり、圧倒的な高さを誇っています。ただ、中東各地の都市では1000mを超えるビルの計画が次々に上がっており、数年後には1位でなくなってしまうのが残念です。

ぜひ、早めに世界一を体験しておきましょう。


2位 アブラージュ・アル・ベイト・タワーズ

abraj こちらはサウジアラビアにあるビルです。おそらく私を含め、存在を知らなかった人は多いんじゃないでしょうか? 高さは601m。2012年に開業したので、1年以上は経過しているのですが、あまり話題にはなっていませんね。

ブルジュ・ハリファと違い細くないので、あまり高く見えませんが、写真の端に写っているビルと比較すると一目瞭然。また「アブラージュ」の周りにあるビルは250m級の高層ビルで、日本では大阪咲洲庁舎やミッドタウンタワー、セントラルタワーズと同じくらいの高さになります。


3位 ウィリス・タワー(旧 シアーズ・タワー)

am will アメリカ・シカゴにあるウィリス・タワーです。高さは527mですが、アンテナの高さがかなりあります。
1973年に完成し、他の高層ビルに比べて圧倒的な歴史があります。長年シアーズ・タワーとして親しまれてきましたが、2009年にウィリス・タワーに名称を変更しました。


4位 台北101

tp1_2 こちらはご存知、台湾にあるビルです。高さは509m。
日本からはアクセスが良いため、上の3つのビルに比べると気軽に見に行くことができます。

関連記事: 台湾のシンボルであり、世界第二位の高層ビル「台北101」をご紹介!


5位 上海環球金融中心

shang 中国・上海に建つ高層ビルです。高さ492m。
森ビルのプロジェクトとしても知られており、シンプルながらデザイン性もあるビルです。


6位 環球貿易広場

shang2 香港で一番の高さを誇るビルがこちら。高さは484m。
2010年に完成したばかりなので、あまりなじみがないかもしれません。どちらかと言えば、「国際金融中心」の方が有名かもしれません。これ↓

hk kokusai

関連記事: 航空会社の写真を見て旅に行った気分になろう!~東アジア編~


7位 ペトロナスツインタワー

mr pet マレーシアにあるツインタワーで、高さ451m。
デザインは他の高層ビルとは異なり、特徴的な形をしています。これはマレーシアのモスクに似せて作られているそうです。完成は1998年で、20世紀で一番高いビルでした。


8位 紫峰タワー

chi nan1 中国・南京にある、高さは450mのビルです。
2010年に開業したオフィス、ホテル、商業施設などが入居する複合用途のビルである。

おそらくほとんどの方がこのビルの存在を知らなかったと思います。 ただ、この後のランキングには中国のビルがランクインしており、予想以上に発展していることを思い知らされます。


9位 京基100

chi shin1 中国・深圳にある441mの高層ビルです。2011年に完成しました。
まだ日本にも1軒しかない「セントレジスホテル」が入居するなど、注目の高さがうかがえます。


10位 広州国際金融センター

chi kou1 中国・広州にある440mのビルです。
デザインはかなりシンプルで、個人的には好きですね。コンセプトは「透明な水晶」です。

地上103階建てで、国際会議場やホテル、オフィスが入っています。完成は2009年。


まとめ

というわけで、最後は驚きの中国が独占するという結果になりましたが、みなさんは実際にいくつ見たことがあったでしょうか?(ちなみに私は0です)

今後も最上位は1000m級のビルを建設予定の中東が強いですが、その下の400~500m級のビルでは中国が多数を占めます。特に中国、韓国、台湾、香港には高層ビルが多く建っており、観光の一環として見に行くのも良いかもしれません。








コメントを残す